飲食店の集客を効率よくする方法を伝授|赤字から黒字へ

会社売却の大まかな流れ

積み木とお金

会社売却は売り手にとっても買い手にとってもプラスになる可能性があります。たとえば売り手は後継者問題で悩んでいる場合や、不採算事業から撤退をする時に会社を売却することによって、創業者利潤を確保できるようになります。また、買い手についても新規事業へ進出ができるようになります。しかしこの会社売却には手続きなどが必要になるため、簡単に売り払えるものではありません。また、オーナー自身で会社を売却するということもできなくはありませんが、不慣れなオーナーが手続きを直接行おうとすると、交渉の際などに買い手側に主導権を握られてしまい、買い手が有利な状況を作られてしまう場合などがあります。専門的な知識なども必要になるため、信頼できる外部のアドバイザーを見つけてお願いすることが会社売却への第一歩です。まず見つけた信頼できるアドバイザーと秘密保持契約を行い、会社の情報が外部に漏れないようにします。この契約を結んでいないと、最悪の場合アドバイザーが買い手側に情報を流してしまう場合などがあります。その後からアドバイザーが見つけた買い手の候補から選ぶ作業と条件の交渉が必要になります。ここでアドバイザーからのサポートを受けながら会社売却の方法や価格、時期などを交渉していきます。交渉の上で売り手側と買い手側のお互いが合意すれば、基本合意書を締結する手続きを行います。その後に売却される会社について財務面や法務面などで問題がないかどうか、専門家により調査をしてもらう必要があります。ここで問題がなければ最終契約書を締結して、会社売却が完了となります。