飲食店の集客を効率よくする方法を伝授|赤字から黒字へ

カード払いの仕組み

クレジットカード

信用に基づいた立替払い

わが国におけるクレジットカードの発行枚数は年々増加しており、それにつれてカードでの支払いが可能な店舗等の数も増えてきています。特にネットショップにおいてはカード払いに対応しているかいないかで売り上げに大きな差が出るため、クレジットカード決済の導入は必須であると言われています。クレジットカード決済の基本的な仕組みは、カード会社による立替払いを核としています。まず、カード会員が商品を購入したりサービスを利用したりすると、店側はその代金をカード会社に請求します。カード会社はその請求に応じ、代金から手数料を差し引いた額を店に支払います。その後、決済期日が到来した時点で、カード会社は会員から立て替えておいた分の代金を徴収することになります。クレジットカードがあれば、ユーザーは手許に現金がなくても消費意欲をそがれることがありません。そのため、店側としてはクレジットカード決済を導入することで販売機会を逃すリスクを低減させることが可能になります。また、実店舗にあっては、店で多額の現金を取り扱う機会が減るので、安全性が向上するというメリットもあります。小売店やネットショップがクレジットカード決済を導入する場合は、カード会社に加盟申請を行います。代金の請求は、かつては支払いの発生ごとに伝票を書きおこしていましたが、現在ではカードリーダー端末を使ってオンラインで行うのが一般的です。客から提示されたカードが有効なものであるかどうかのチェックも、同様にオンラインで行います。